高密度アルミボディ

圧力鋳造技術

SqueezeCast_22_960_600

スキャンパンは、素材のアルミニウムをとことんまで鍛え上げています。

原料となるアルミニウムを600℃もの釜で溶かし、液状となったアルミニウムは特殊な金型に流し込まれます。

SqueezeCast_01_2

上下から250トンもの力で圧されながら固められるアルミニウムは、余計な空気が除かれ、完全な均一構造を持ち、高密度なアルミボディへと仕上げられます。

これにより、元より熱の伝わりの早いアルミニウムはより素早く温まり、熱ムラを極限まで抑えることが出来ます。
また、高密度化されたボディは、保温性も大幅に上昇しています。

調理温度が変わりにくい長所は、食材から水分や栄養分が流れ出てしまう前に短時間で芯までしっかりと加熱することができ、常に安定した仕上がりに貢献します。

思いのままに熱を操る

パンケーキ

調理器具は、熱源からの熱を食材に伝えて加熱する役割を担います。

熱を素早くしっかりとボディ内に吸収し、全体からムラなく加熱するスキャンパンは、短時間で芯まで火を通し、水分や栄養分を逃す前に美味しく仕上げることができます。

下の写真は、スキャンパンを直火にかけてお湯を沸かしている様子です。

火の当たる場所だけではなく、全面で同じ大きさの気泡が出ているのがご覧いただけます。

R0014712